« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

250TRロングツーリング-加古川ビーフかつめし編

3週間ぶりに愛車のTRに乗りました。目的地は兵庫県加古川市。かの地ではメジャーな”ビーフかつめし”を食べに,一人旅。昨日の夜に決めて今朝6:30AM出発です。

Rocky 目的地:兵庫県加古川市 ROCKYです。

ちと調べたところによると,営業時間は8:00AM~とのこと。

ただし,”ビーフかつめし”の提供は11:00AMから,らしいです。

お昼時は平日でも混むそうなので,目標到着時刻を10:30分AMに設定し,コーヒーでも飲みながら待機する予定。

(逆算して6:30AM出発ね)

Rockycoffee 広島から高速移動。明け方のバイクは寒かったです。

油断してフェイスマスクを持ってなかったので,首回りが寒い寒い。ついでに冬グローブだったけど,手もムチャクチャ寒かったです。

加古川北インターで降りて,やや道を迷いながらも,何とか目標時刻にROCKYに到着。すでに店内はすごい人だかり。

誰もまだ”ビーフかつめし”は食べてなかったけど,モーニングを食べる人でいっぱい。結局,5分ほど席待ちすることに。とりあえず,コーヒーと11時から”ビーフかつめし”を出してもらうようたのんで,しばし読書。

Photo 11:15AM頃,”ビーフかつめし”登場です。

このお店の味は,加古川の”ビーフかつめし”のスタンダードっぽいらしいです。

何か似たようなものなら,自分でも作ることができるような気がしなくもないが・・・。

食べてみると,ビーフかつにかかった,ドミグラスソースが甘すぎず,酸っぱすぎず,これがこのお店のウリかな。加古川で食べるっていうのもいいんだよね。

ビーフかつも,食べやすいサイズに小さく切ってあり,ご飯と一緒に箸でつまんで,ちょうど一口で食べるのにイイ感じです。

美味しゅうございました。”ビーフかつめし”850円,コーヒー250円の,しめて1,100円也。(コーヒーはどうということもなく)

Photo_2 ついでなので,加古川の近くに川崎重工の明石工場があるらしいので,工場偵察に行ってみました。

ここが,かの有名なゼファーを送り出したところなのか?

はたまた愛車のTRもここで作られたのか?不明。

スパイのように工場の周りをTRでウロウロ。

中ではライディングスクールが開催されてたけど,入れそうにはなかったので,記念撮影のみ。

Photo_3 ついでのついでで,明石海峡大橋のたもとまで。

気が付けば,神戸市垂水区の舞子まで来てしまった。

公園になっているのか(公園って表示されてた),家族連れなどで賑わっていました。

なかなか荘厳な風景。海を目の前に,しばし誰彼てみました。(散歩しただけ)

気が付けば,2:30PM。そろそろ帰路につかねば。ということで,後はひたすら広島へ向けてTRを走らせました。

途中のガソリンチャージ以外は,休憩なし。6時過ぎに帰宅です。しかし,今日はよく走った。約600キロ弱。我が250TRはツアラーとしての機能を,十分果たしてくれました。

慣れると100キロくらい平気だし,イイ音出してるし。

でも,やっぱり+20くらいになると,エンジンの悲鳴を感じるし,風の重圧にヘルメットごともっていかれそうです。

しかし休憩をほとんどとらなかったせいか,ヒザが窮屈で痛くなってしまった。お尻よりもヒザにきた1日でした。疲れたけど,楽しかった。

現在までの走行距離 4,123km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は射撃8ラウンド。残弾処理のため頑張ってみました。

今日は,2週間ぶりに射撃場へ。火薬の譲受許可の期日を5日残して,譲受枠1,000個+残弾93個あったので,ガンガンに撃ってきました。

目標を,保管上限枠の800個残しに設定し,293発を消費する予定でお昼らかラウンドスタートです。

毎度ながら,スロースタートで12ヒット/25枚からはじまったけど,何か調子がよくて,次ラウンドは22ヒット,でも次は15ヒット,18ヒット。

最近ではまずまずだけど,何となく右が逃げるので,5ラウンド目は右側のみの練習,13ヒット/25枚で半分しか当たりませ~ん。頬から銃がはなれているのがわかっているけどね。

後は通常ラウンドを2ラウンドこなし,人生最長の8ラウンド/日を敢行。合計293発を消費しノルマを達成。これで残り800発残しで譲受許可の残数0かと思っていたら・・・

知らなかった。1日の譲受数量も800発までだったなんて・・・。結局250発の譲受枠を残して本日は終了です。一応,射撃場に550発の散弾ストックは残してきたけど。

明日の射撃場はフィールド射撃のハンディ大会らしいので,練習もできないし。でも,もしかしたら散弾購入くらいはできるかも。できれば散弾の買い付けだけに射撃場にいってみようかな?

現在までの走行距離 3,523km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銃砲刀剣類一斉検査です。

本日は,年に一度の銃砲刀剣類一斉検査の日でした。

昨年末だったか?銃刀法の改正で,今年は提出書類がやけに多いような。(昨日の夜,一生懸命,書類の作成。)

10:30AM会場入り。時間をずらして来たつもりだったけど,まだ会場は混んでいました。

とりあえず,銃砲保安協会へ加入しといて,銃の検寸を受けることに。何も改造なんかしてないからあたりまえだけど,こちらは難なくクリア。続く面接を待つことに。

しかし待てども,なかなか面接の順番が回ってこず。一人一人に対する面接時間が,これまでよりも長くなったみたいです。

特に実弾の消費と管理の点について,書類の整備状況なんか,重点的に調査されてるみたい。確か銃刀法の改正の際にも,このあたりがメインだったような。

けっこうな時間待たされて,やっと自分の番がまわってきた。事前に書類を整備しておいたし,一応,模範囚のように品行方正な態度で臨んだので,5分ほどで面接終了。

検寸5分+面接5分のために,有給1日とタクシー代3,000円使ったようなものだな。ま,これ以上,検査が厳しくなっても困るので,現状でガマンです。

明日は,火薬譲受許可が満了なので,ガンガン撃ちまくって,とりあえず800発ほどストック買い込んどくことにします。明日は高くつくな~。

現在までの走行距離 3,523km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアンバイク乗り比べ(その2:ドゥカティ編)

いまさらながら,日曜日のイタリアンバイクフェスタで試乗したバイクの感想です。

P1040269 V7クラシック,MANAに続いて乗った3台目,ビモータのDB6?(だったと思う)です。

ほかの人が乗ってる時から思ってたけど,何だかすごいメカニカルな音が聞こえてきます。(何なのかは後で判明することに。)

ノーマークなバイクなので,詳細不明。V7,MANAと乗った後のせいか,このバイクのエンジンはよく回る感じ。

でもやっぱり,金属的な異音がときどき気になります。ビモータのバイクはどれもカラカラとすごい音がしてた。

P1040272 ←こちら,試乗の本命だった,ドゥカティのモンスター696です。

燃料とか入ってるせいか,サスがやわらかいのか,この日は両足が余裕で地面に届きます。(170cmでヒザが曲がる。)

エンジン始動で空冷Lツインとやらを堪能・・・思いのほか低回転でトルクがないことに拍子抜け。あれれ・・・

車体は軽くて扱い易いけど,回して何ぼのエンジンかも。Lツインのサウンドもバラバラとした感じで,期待してたよりもイマイチかな。

試乗した後は,興ざめ。(大型免許を取ったあかつきには,このバイクをと思っていたのに。本命脱落。個人的感想なので悪しからず。)

P1040273 ←何故か最後に乗ったモンスター1100です。

こちらはカカトが少し浮いてたかな。もう忘れた?

696より多分400ccくらいのアドバンテージがあるので,トルクの薄さがカバーされていることに期待して乗ってみました。

走りだした瞬間のイメージは696と大して変わらない感じです(トルク薄)。でも回すと696をより凶暴にした感じで,よく走りました。

でも,アクセルの開け方にエンジンが敏感に反応しすぎて,どうしてもギクシャクした走りになってしまいました。自分には扱いきれませーん。696で十分かと。

結局,5台乗り比べて,一番楽しかったのは,V7クラシックでした。今まで乗った大型の中では最高の1台でした。(この日が初めてだけど)

モンスターが本命から脱落したのは予想外だったけど,いい経験させてもらいました。しっかり試乗回数分以上に乗れたし。大型バイクもいいもんだ~。時間があったら免許取りに行こうか要検討です。

試乗を終えて,撮影担当に専念してくれた隊長に感謝。広島への帰路につくことに。愛車TRに乗ったら,シートのチープさ(薄さ)にビックリ。エンジンかけてクラッチつないだら,トルクの薄さに腰砕け。

250TRって,こんなにヘナチョコだったっけ?大型バイク燃えつき症候群になってしまいました。ま,5分くらいで回復したけど。

(余談)
P1040277広島への帰り道,奥屋PAで隊長に試乗インプレッションを報告中の出来事。

←ビモータのバイクが休憩に加わってきた。すごい奇抜なバイク。特にフロント。

試乗会にこのバイクがいた。見覚えがある。

しばし所有者である,年齢55歳のライダーさんと雑談。

約500万円也。1年間飲まず食わずでも買えないな。

ここで先ほどからのビモータのバイクに関する疑問をぶつけてみることに。

Q:ビーモータのバイクのカラカラした音は何の音ですか?

A:乾式クラッチの音です。

なるほどね。

現在までの走行距離 3,523km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアンバイク乗り比べです。

昨日行ってきた,イタリアンバイクフェスタの感想です。

P1040256 1:50PM,現地到着です。みなさん,色んなバイクで会場入り。(イエローコーンの隊長を探せ状態)

とりあえず受付に行ってみたら,試乗はチケット制で,1,000円で4台のバイクに乗れるとのことです。(お代を請求されるとは知らなかった。)

しかも,3:30PMには終了予定で,今からだと,4台は乗れないかもしれませんとのこと。(一応,使えなかった分は,来年使えるらしいけど)

せっかく来たので,ままよとチケット購入。申込用紙に記入の間,スタッフの人が,”ヘルメットで場所取りをしましょうか?”と声をかけてくれたので,V7をお願いしました。

ちなみに,隊長は,”お金を払ってまで乗りたいバイクはあまりない。”とのことで,写真撮影に専念することに。(スミマセン)

P1040259 ということで,4人待ちで最初に乗ったのが,モトグッツィのV7クラシックです。余談ですが,大型のバイクに乗るの(動かすの)は,これが初めて。

またがった感想・・・両足ビッタリで余裕はナシ。でも,思ってたよりコンパクトで軽い感じ。ただ,ハンドルの位置が異様に低いような???

V7ってこんなだっけと半信半疑。思わぬ前傾姿勢を強いられ,想像以上に攻撃的スタイルな感じです。

エンジン始動,これが縦置きVツインか~,ドスドスと歯切れのイイ低音。アクセルを開けるとフワっと右側に振られる。何か不安,でもチョット感動。

いざ,試乗。250TRの感覚でアクセル&クラッチ操作したら,勢いよく飛び出しそうだったので,少し焦った。けど,乗り出したら,下から太いトルクが出てて楽しい。サウンドもババッ・ババッって感じでイイよ~。

のんびり走るバイクかと思ってたけど,ポジションのせいかスポーツ度もあり。ちなみに,普通に乗ってる時は,アクセルを開けた時の右に振られるような感じは,わかりませんでした。(鈍感だから?)

シャフトドライブの感想?そこまでは気が回りませんでした。でも,ホントに欲しくなりそうな感じのV7クラシックでした。

P1040266 V7の試乗から帰ってきたら,隣のアプリリアのMANAに誰も乗っていなかったので,続けざまに試乗です。時間ないからね。

自分で調べたプチ情報では,オートマの水冷Vツイン。こちらはカカトが若干浮くくらいです。

エンジンをかけようと思ったら,かけ方がわからない。(後に前ブレーキをかけてセルスタートしないといけないことが判明)

乗り出すと,ウルトラ滑らか(V7乗った後だからかも)。音もすごく静か。カチャカチャで変速もできるけど,普通にアクセル開けるだけで乗れるので,超楽チンバイク。

街中,ツーリングと何でも,楽々こなせそうな感じです。刺激はないけど安心感抜群です。でも,クラッチないとやっぱり寂しいかも。もうチョット,大人になってから乗ってもイイかと。

この後,ドカティエンジン軍団へと続く。

現在までの走行距離 3,523km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアンバイク試乗への道のり(郷原野呂山線編)

今日は,呉市安浦町で開催されたイタリアンバイク試乗会に参加してきました。

せっかくなので,先週,開通したばかりの郷原野呂山線という林道を経由して行くことにしました。

P1040248 今日のパートナーは,MT-01隊長(1週間ぶりのご対面)。いつものスカイウェイブ副隊長と後輩SRX君は,本日は不参加です。

国道375号線から林道方向への案内看板はありませ~ん。そのうち設置されると思うけど。(国道から呉文化大学方面へ曲がるですよ。)

←郷原野呂山線林道の起点。

ここから約8km先の,野呂山山頂へ向けて,いざ出発です。

いつも三脚をセットしてくれるスカイウェイブ副隊長がいないため,自分が撮影班です。

P1040249 P1040250 林道は,片側1車線の高速セッション,登坂車線もあり。

デミオとガチンコ勝負をしたけど,250TRのパワーでは追い越せず。無念。

途中,駐車場があり,人がおおぜいいたので,アーチ橋を見学。

通称:もみじ橋,全長214m,谷からの深さ約90mなり。(解説板より。裏にも説明が。)

P1040252 車が停めれて眺めがよさそうなところは,どこも人だらけ。

走る車の数も,林道とは思えないほど多いです。車のかげでお弁当食べてる人もいるし。

とにかく車が多いです。自転車ツアラー軍団も高速で下ってきていました。でも,バイクは思ったほど走ってなかったです。

橋の前後が駐停車禁止だったけど,その他の制限はナシ。グレーチングと少し砂が浮いたところがあったので,そこは注意が必要かな。

野呂山の山頂まで推定所要時間15分。さきほどのもみじ橋までは,本当に高速コース,橋を超えたら少しクネクネ。でも本当に林道だった。周りは山しかないし。

野呂山の山頂にある野呂高原ロッジでお昼にしようかと思ったら,ここもすごい人だかり。昼食は別の場所でとることにし,さざなみスカイラインを下っていくことにしました。

ちなみに,さざなみスカイラインは,桜が5~9分咲き。お花見シーズン到来といったところで,こちらも車多数。イイ天気が続けば,来週も桜は見頃な予感です。(今日はここまで。)

現在までの走行距離 3,523km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »